ものづくり体験2018 開催

2018年08月11日

811日(土)、本学主催の「ものづくり体験2018」が開催されました。 

 

これは小中学生を対象に、ものづくりの楽しさを体感してもらう催物で、昨年度も参加者から高い評価をいただいていたものです。

 

そのため応募数は、予定していた定員150名をはるかに超える400名程となり、急遽、午前と午後の2部構成で対応することに。また今年度は好評に応えるため、昨年度の建築学コースに加え、知能情報コース、マネジメント工学コース、生命環境工学コースのスタッフが参加。 

 

内容は、小学校13年生対象に、プログラム体験、かみ模型づくり、データ解析って?、空気の力って? の4つの体験コース。小学校46年生及び中学生対象に、プログラム体験、模型体験、コンピュータグラフィック、データ解析体験、化学反応の実験の5つの体験コースと豊かなものとなりました。

 

猛暑にも関わらず参加した子供さんたちは、科学への知的好奇心に目を輝かせ、2時間半程のメニューに高い集中力で取り組んでいました。 

この催物は、来年度も開催予定です。お楽しみに。

親子で参加されたプログラミング体験。

親子で参加されたプログラミング体験。

「空気の力って?」コースでつくった空気砲。

「空気の力って?」コースでつくった空気砲。

ロボット制御の体験。

ロボット制御の体験。

多くの受講者で溢れた建築系ものづくりコース。

多くの受講者で溢れた建築系ものづくりコース。

化学反応の実験ではスライムづくりに挑戦。

化学反応の実験ではスライムづくりに挑戦。


  • NiAS入試マガジン
  • 長崎総合科学大学 Facebook公式ページ
  • NiASムービー
  • NiASセミナー
  • 情報公開
  • 専任教員の紹介
  • 公開講演会・公開講座
  • 研究・産官学連携
  • 教員公募

モバイルサイトモバイルサイトの詳しくはコチラ


アドビリーダーのダウンロード当サイト内の一部のコンテンツをご覧になるには最新の「ADOBE READER」が必要です。「ADOBE READER」はこちらからダウンロードできます。