山田由香里教授の旧長崎警察署の調査結果が長崎新聞に掲載

2019年01月16日

本学、建築学コースの
山田由香里教授の旧長崎警察署の調査結果が
2019年1月16日付け長崎新聞に掲載されました。

 

旧長崎警察署は大正期完成の鉄筋コンクリート造建物。
山田教授は建物内部を調べ、その当初の間取りを確認しました。

 

山田教授は
「当時の姿が明らかになることは、建物の文化財としての価値を考える上で重要。まだ分かっていない設計者などについて、調査を続けたい」と話しています。

 

 

これに関連して、次のシンポジウムが開催されます。

 

「シンポジウム 都市の記憶 III
―旧長崎警察署保存と県庁跡地を考える―」
日 時:2019 年 1 月 18 日(金) 18:30~20:30
場 所:江戸町センタービル4階 総合資格学院長崎校大教室
   (長崎市江戸町6-5江戸町センタービル4階)

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.nias.ac.jp/news/detail.php?id=2723

記事

記事

旧長崎警察署の復元平面図

旧長崎警察署の復元平面図


  • NiAS入試マガジン
  • 長崎総合科学大学 Facebook公式ページ
  • NiASムービー
  • NiASセミナー
  • 情報公開
  • 専任教員の紹介
  • 公開講演会・公開講座
  • 研究・産官学連携
  • 教員公募

モバイルサイトモバイルサイトの詳しくはコチラ


アドビリーダーのダウンロード当サイト内の一部のコンテンツをご覧になるには最新の「ADOBE READER」が必要です。「ADOBE READER」はこちらからダウンロードできます。